ヒマラヤへはどの本を

おはようございます☀りーさんです🍀朝活タイムに起きれました❗

どの本を持って行こう

ヒマラヤのトレッキングに先日、参加してきた。

行程は日本の往復を含め22日間と長期である。

ゆっくり読む私は、たくさん持って行っても読みきれない。

2冊を選んだ❗どちらも、感性的なものだ

開高健さんのロマネ・コンティ一九三五年、

 

岡部明美さんの約束された道

読む時間は

トレッキングに参加してみて、準備することが結構あるものだ

とわかった❗

と言ってもシェルパさん、ツアーリーダーのお力添えが

あってもである。

トレッキング中は自分で背負うリュックとダッフルバック

ゾッキョに運んでもらう

緑色のダッフルバック(予備の洋服等)

毎日、詰め替える❗

顔洗いタイムに、お茶タイム、充電依頼(有料)

   

ブログも可能な限り行う❗(有料)

フランス語の動詞活用も1日を1つ目標に

と、いろいろあり読書時間は、最後のほうわずかでした。

短編

唯一読みきったのは、開高健さんの短編集の一節

ロマネ・コンティ一九三五年

 

一番興味のあるワイン❗

弟分のラ・ターシュ一九六六年(今でも十分美味しそう❗)

このニ本を軸に話が進む❗

まとめ

初のトレッキングにどの本を持って行くか、

読めるかもわからない状況だけど、持って行こうと思った。

二冊の本は、ずっとリュックに入れて私とともにトレッキングを

してきた。

明美ちゃんは、出版記念パーティーの時に

ヒマラヤへ行った話をしていたので、

ぜひ、持って行こうと思って選んだ。

今日現在も、あと少し残っているのを知っている。

自然と自分の手が延びるのを待っている、

たくさんの経験が詰まった本大切にいく。

 

楽しい1日を😃🎶✨

 

 

The following two tabs change content below.
TOSHIYUKI SUZUKI

TOSHIYUKI SUZUKI

ワインから世界へ人へ 消防士をリタイアしワインの道へ 千曲川ワインアカデミー2期生 卒業 フランスで私のワインをつくりたい❗
TOSHIYUKI SUZUKI

最新記事 by TOSHIYUKI SUZUKI (全て見る)

TOSHIYUKI SUZUKI

投稿者: TOSHIYUKI SUZUKI

ワインから世界へ人へ 消防士をリタイアしワインの道へ 千曲川ワインアカデミー2期生 卒業 フランスで私のワインをつくりたい❗