ろ過終了❗️

こんばんは🌙オボロですね❣️

ろ過

ろ過と言いましても、数種ありますが、私達が行っているのは、デプスろ過と言います。

ろ過しようとしているワインを70Lバケツに取り、珪藻土と言う粉状のろ過材をまぜます。

色合いは、ベージュですが、液体にした物は、イメージ的には、もんじゃ焼の粉みたいに、薄い感じにします❗️

珪藻土の量は、ろ過布一枚に対して、半分から一杯の珪藻土を入れます❗️

開きがあるのは、白と赤でまるっきり変わるためです❗️

珪藻土と混ぜたワインを、ポンプで引き込ませて、ろ過布の表面に、膜を作ります❗️(プリコートと言う作業になります。)

ここで捉えられるものの大きさは、1ミクロンですが、そこを、ろ過されずに、抜けてくる物もあるんんですよね❗️

先が見えると、安堵な気持ち❣️

オリ側❗️のタンク

まとめ

ろ過は長丁場で、常に濁りが無いか、確認して作業しております。

濁りの程度ですが、軽ければ作業継続になる可能性大、変更を促す必要があれば、上司に確認しております❣️

毎回、オリの状態は様々なので、現れてから判断していきます❗️

コロナ警戒❗️

楽しい週末の夜を✨

The following two tabs change content below.
TOSHIYUKI SUZUKI

TOSHIYUKI SUZUKI

長野県塩尻市でワインの製造補助をしています!
TOSHIYUKI SUZUKI

最新記事 by TOSHIYUKI SUZUKI (全て見る)

TOSHIYUKI SUZUKI

投稿者: TOSHIYUKI SUZUKI

長野県塩尻市でワインの製造補助をしています!