ファースト・ヴィンテージのワイン用ブドウの収穫させていただきました🍀

おはようございます🍀りーさんです🎵穏やかな週末ですね☀

テール・ド・シェル(天空の大地)

千曲川ワインアカデミーの同期生が経営されている。

素晴らしい見晴らしの地で、ワイン用ぶどう栽培等をされています❗

      

収穫・選果・除梗破砕

9月の27日(水)~29日(金)まで長野県小諸にあるテール・ド・シェルさんで収穫から収穫したブドウを、東御市のアルカンヴィーニュにトラックで搬送し、除梗破砕のところまで参加させていただきました。

除梗破砕機は、ブドウの房と梗を分離する機械です❗

左の写真は、除梗破砕機でブドウの房と梗に別れます、手前が投入口で、梗は機械の先からそのまま落ちてくるので箱で受けます❗ブドウの粒は接続されたポンプ用のホースにより、空気式プレス機に送られます❗

右手の写真は、空気式プレス機で、9時と11時の2回に600kg位づつ、ふどうをゆっつくり90分かけて絞りジュースにしました❗

あまり強く絞ると苦味成分などが出てしまうので、プログラムで絞りかたを調整できます❗

プレス機内には、皮と種子が残ります❗

中の写真は梗とプレス機で絞ったブドウの皮が、トラックの荷台につまれた写真です❗

        

ソーヴィニヨン・ブラン

白ブドウの品種で、酸、青い感じが特徴とされるので、ブドウの収穫にも気を使い日光にあまり当てすぎないように、ブドウの葉を残し影を作るなど工夫されています❗熟し過ぎると酸が落ちていけなかったりします❗(熟させる産地もあります。)

ファーストヴィンテージ

植樹してから3年目のブドウを一日6人で6時から17時位まで作業して、雨が降りだした頃に、約1,200kg収穫を完了出来ました🍀。

ブドウの木は収穫が開始できるのが、3年目から徐々にできるようになります。

ちなみに昨年は、2年目の畑で200kgを切る量でしたから分かりやすいと思います。

まとめ

ぶどう栽培は時間を要するものなので、とても感慨深かったです❗

オーナーは、地域の方との協力を第一に考慮されて、経営をなさっているように思います❗

ファーストヴィンテージは、2018年になってからでしょうが、私もまち通しいです❗

別の作業も続くとのことでしたから、ご自愛されますことを願います🍀

 

楽しい1日を☀

The following two tabs change content below.
TOSHIYUKI SUZUKI

TOSHIYUKI SUZUKI

ワインから世界へ人へ 消防士をリタイアしワインの道へ 千曲川ワインアカデミー2期生 卒業 フランスで私のワインをつくりたい❗
TOSHIYUKI SUZUKI

最新記事 by TOSHIYUKI SUZUKI (全て見る)

TOSHIYUKI SUZUKI

投稿者: TOSHIYUKI SUZUKI

ワインから世界へ人へ 消防士をリタイアしワインの道へ 千曲川ワインアカデミー2期生 卒業 フランスで私のワインをつくりたい❗