圧力のかかり方

こんにちは☼

晴れてる素晴らしさ

 面接を終えた瞬間から、自分への圧力は取れました。

なので、何にもしない日差しの入る部屋に居るだけで、幸せ更に求めるなら、ワインでしょうか。

この時間は、過ぎてゆくので、楽しむ事にします。

太陽に近づきすぎれば燃えてしまうでしょが、今の時期、限りなく近い方が嬉しいです💖

マンモスや恐竜も太陽無しでは、生きる事が出来ませんでしたからね。

気持ちが引き寄せる

最近聞いていた曲は、トランプス、タヴァーレスに集中していました。

どちらも、独唱では無く、コーラスでした。

トランプスは、ボーカルの故・ジミー・エリスさんの笑顔と、前歯の金歯が可愛くて好きでした。

タヴァーレスも、ボーカルのショビーが、一人だけ眼鏡をかけていて、なんか違和感があったんだけど、好きでした。

両方ともグループでの曲です。

自分の環境が、未体験ゾーンに突入して、不安定感から、安定感を選んでいたのだと思います。

極まる

 プレッシャーをかけやすい性格なので、ターニングポイントには、更に極まっていきます。

そこでも、自分にあらたな課題を出して、ただそこで普通にいる事を自分にかしました。

今までは、自分の120%を出そうとして、失敗の連続でしたから、風の時代到来、自分の戦法を変更して、就職の面接に臨みました。

それでも、120%が染み付いた自分がまだいるんです。

そんな時、選んだのは、感極まるポール・アンカのMy way

この曲は、ず~っと好きで、シナトラ、エルヴィス、パバロッティと、いつも聞き、歌っていた曲です💖

今まで、出会ってもポール・アンカの映像には、共感出来ませんでしたし、ポール・アンカは、ダイアナや恋の片道切符でしたから、聞いても響きませんでした。

シナトラの歌い方が、全てだと感じていいて、人生の終焉に歌い上げる曲だと、思っていました。

しかし、曲をプレゼントした、ポール・アンカの、気持ちたるや、創造の域をこえてしまって、私にはまだわからない領域過ぎて、すごいとしか言いようがありません。

 私も、2年間務めたワイナリーには、全力を傾けてきましたが、伝えきれなかった悲しみはあります。

そんな、部分を打開するべく、今、過ごしているので、よりパワフル、コンプレックス状態にあります。

そんな、私にフィットしたのが、ポール・アンカのMy wayでした。

まとめ

 私は、今年スタートすると決めているので、選択肢は広いです。自分でもも、選択肢の一つです。

Ps.ワインへの要求も、すごいので、満足に出会えたら幸せです❣️

just bigin💖 

I’ll be there⁈

Attention COVID-19

Happy holiday my friends💖

The following two tabs change content below.

TOSHIYUKI SUZUKI

富良野でワインの関連に就職の為、準備中!

最新記事 by TOSHIYUKI SUZUKI (全て見る)

  • より - 2021年9月20日
  • 相槌 - 2021年9月19日
  • - 2021年9月18日

投稿者: TOSHIYUKI SUZUKI

富良野でワインの関連に就職の為、準備中!