カテゴリー
未分類

相乗効果

こんにちは☼風が春の到来を告げに吹き荒れています💛花咲き乱れる春は近い🌸

スプマンテ

単独で涙を誘う事は難しい、しかし、イタリアには楽しむ仲間がたくさんある、心引きつける物は、少なくともフランス以上に私の中にはある💛オペラの為だけにミラノへ、実際はミラノの街が好きだから、solo menteでは無いのは白状しておきます。スプマンテ、これほどまでに、洗練されていたとは気づきませんでした❕泡のン最高峰は、シャンパーニュ、そのゆえんは二次発酵時の、リキュール添加と私はみている。メゾンによっては、甘味を感じる物もある。ほかの地域には出せない芸当と思っていた。しかし、時間は経過するもの、フランス、いや世界最高のワインであってほしいワインにも、イタリア由来の名前がついている❕ロマネ・コンティその畑はフランスであるが、ローマ帝国が、遠征する際に獲得していた土地なのであろう。ガリア人はローマ帝国の兵糧攻めにあい全滅している。現在は、ユーロで氷の国を除いては一緒にいる。ローマ帝国滅亡近い時、氷の国に拡大するか、砂漠に拡大する選択になり、自滅の道を歩む事になったようだ。だいぶ脱線せした。相乗効果迄戻らせて頂く、スプマンテがこれほどかんせいされていると、わせるのはハートに響くBGM、個人的には声が欲しい、メロディーだけでは、悲しみが現れてしまう。ジャズも悲しくなってしまうのは、声が無い物に接して来てしまった。しかし、ジャズは即興であるが、カンツオーネは即興で無いが、声の無い物はかなしい、声は温かみををプラスしてくれているのかな。カンツオーネの歌い手は、イタリア人がいいが、スペイン人のカレーラスの声は、竹を割った様で、私の心にとても良く響く、無論曲にもよるが、パバロッティの良い曲もある💗繁栄と衰退をを感じながら味合うスプマンテは、いかばかりか想像しがたい❕スプマンテよありがとう💗

CAVA

カレーラスの話が出たところで、スペインの話に移ろう、カヴァはスペイン北部、バルセロナ近郊の土地で生まれる、その地域の文化を私はあまり知らないので、全域として捉えさえせて頂く事を許してもらいたい💗私が、初めて訪れたボデガは、リヴェラ・デ・ラ・デュエロ、リオハ以外で世界的認知をされ地いる地域、現在は、プリオラートその他もあるが、以前は限られていた。当初、司法的存在のウニコ(ユニーク)を生み出すボデガ、ベガ・シシリアに行きたかったが、コネクションが取れず行けたのが、ペスケラ、アメリカ人の評論家ロバート・パーカーをして、ペトリュウスの様なと形容されたワイン、そこへ訪れた。(※ワインを表現するには、しやすいのだが、誤解も招きやすいので、使用は控えているし、控えるよう講義したショップもある。これ以来ではないが、なになにの様なは、少しでも思える物にであっていないので、信じない事にしている。)CAVAに戻すと、一途な感じで、迷いが無い、再現性を感じるスパークリング・ワイン、特別な物で無ければ、懐にも優しく、喉渇き、気持ちをも満たしてくれるに違いない❕(シャンパン一辺倒の私の時は、見向きもしていなかった事は、お許し願いたい。)

まとめ

シャンパンが出てこないじゃないか!と、おしかりを受けそうですが、シャンパンの出るシチュエーションが違うんです💛何か決定的な時、特別のお祝いの時、自分の気持ちを表現したい時、そんな時間を演出する最高のパートナー、容易には近づかなく自分でしている。それは、期待値の高さ故、がっかり感も増幅されてしまうから、それでも、時間を共にする方との時間を最高潮に導くアイテムである事に間違いない、だだし、欲張りな私は、オープニングがエンディングに選びたいと思う💛

泡は血管を広げる作用を持っているので、熱い時期は、スパークリング一択になるのですが、体の要求であり根源的な物、仕方のない事なので受け入れいます!

今日、これから泡の時間はいかがでしょう🥂

楽しい休日を☆彡

The following two tabs change content below.
TOSHIYUKI SUZUKI

TOSHIYUKI SUZUKI

長野県塩尻市でワインの製造補助をしています!
TOSHIYUKI SUZUKI

最新記事 by TOSHIYUKI SUZUKI (全て見る)

TOSHIYUKI SUZUKI

作成者: TOSHIYUKI SUZUKI

長野県塩尻市でワインの製造補助をしています!